介護ヘルパー 資格 仕事内容 2級

介護ヘルパー 資格介護ヘルパーは最近よく聞くようになりました。介護ヘルパーは、自分を必要としてくれる人がいるという喜びを感じられる仕事です。
介護ヘルパーの資格を取得している人は、施設や病院で勤務するときに優遇が良く、訪問介護を行っているホームヘルパーよりも上の立場に立つことになります。
ではこの介護ヘルパーは、具体的にはどのような仕事をするのでしょうか?
スポンサードリンク

介護福祉士の魅力とは

介護ヘルパー 資格介護福祉士の魅力ってなんでしょうか。
介護ヘルパーよりも、難易度も高いですが、人気も高いです。
介護ヘルパーよりかなり難しいと言われているのが介護福祉士ですが、なぜ難しいのでしょうか。

それは、介護職唯一の国家資格だからです。
社会的評価が高くなるのが、国家資格だと思います。

介護福祉士は、かなりの確率で常勤や正社員という雇われ方をします。
もちろん、正社員や常勤の分、基本の給料も高くなりますし、今までより働く場合は更に金額があがります。
出世がしたい!という方は、介護福祉士の資格を取ると良いでしょう。
また、介護の現場で責任者として働くことになることでしょう。
他に介護ヘルパーの現場だと、リーダーになったり、サービス提供の責任者となったりすることが多くなります。

仕事を募集している条件に「介護福祉士の資格必須」というものは今のところ見かけません。
反対に考えると、介護福祉士の資格を持っていれば、福祉関係の仕事に困ることはないでしょう。
困るどころか、有利になることが多々あると思います。
求人広告などで、介護福祉士の有資格者を優遇しているものをよく見かけます。これも、高齢化社会の影響なのでしょうか。

介護ヘルパーとして長年仕事をしていると、介護福祉士になりたい、と思うときがあるかもしれません。
もし、今そう思うのならば、平成24年度に法改正があるので、それより前に介護福祉士の資格を取得しておいたほうがいいと思います。
もしかしたら、今より更に取得する際の試験の内容の難易度があがることがあります。
国家資格制度が見直されている、ということのあらわれでもありますね。
ですが、介護福祉士の資格を取得する側としては、難しくなる前に取得したほうが楽ですよね。
これを機に、レベルアップとして悩んでいる方は資格の取得を考えてみてはいかがでしょうか。

介護福祉士の魅力とは 関連記事