介護ヘルパー 資格 仕事内容 2級

介護ヘルパー 資格介護ヘルパーは最近よく聞くようになりました。介護ヘルパーは、自分を必要としてくれる人がいるという喜びを感じられる仕事です。
介護ヘルパーの資格を取得している人は、施設や病院で勤務するときに優遇が良く、訪問介護を行っているホームヘルパーよりも上の立場に立つことになります。
ではこの介護ヘルパーは、具体的にはどのような仕事をするのでしょうか?
スポンサードリンク

介護福祉士の仕事内容

介護ヘルパー 資格幅広く様々な種類の仕事があるのが、介護福祉士の仕事です。
ホームヘルパーや介護ヘルパーと呼ばれるような介護の仕事から、病院内で働くような仕事まであります。

その中でも、ケアマネージャーと呼ばれる仕事は、人の上に立ち、指導していくような立場の仕事です。
ケアマネージャーの資格をとるためには、介護福祉士の資格があること、介護福祉士としての実務経験を5年以上していること、がケアマネージャーになるための試験資格です。

また、介護福祉士の資格をとるためには、介護ヘルパー2級という資格を持っていること、訪問介護など、介護の仕事に3年以上就いていることの2つが必要となってきます。
このようなことより、ケアマネージャーの資格をとるためには、長期間の介護の実務経験が必須です。
また、実務経験以外にも、かなりの勉強量をしなければ、資格をとることはできません。
なので、資格を取りたいと思ったら、相当の覚悟が必要となってきます。

ケアマネージャーはハードルが高い!と思う方は、介護福祉士になれなくとも、
5年以上の介護の実績経験がある介護ヘルパーの場合、主権資格を取得することが可能となってきます。
ですが、どうしても主権資格が欲しいのなら、介護福祉士になり、ケアマネージャーになったほうが近道だと思います。

他にもケアマネージャーになる方法があります。それは、ケアマネージャー養成施設に入ることです。
ですがケアマネージャー養成施設に入るには、面倒なことがあります。
社会福祉士になりたくて、ケアマネージャー養成施設に入りたいという場合は、最終学歴が大卒以上でないと、入学資格がないということも聞きます。

短大・専門学校の卒業者の場合は2年、その他は4ネンの相談援助の実務をしていた場合、入学資格が得られるともききました。
社会福祉援助をしている中で、問題を抱えている人に対し、援助者が問題解決に手を貸す、つまり相談して援助をする、ということです。
これを相談援助といいます。
こちらは、介護実務より難しいことなので、初心者が行うにはハードルが高すぎるかと思います。

介護福祉士の仕事内容 関連記事