介護ヘルパー 資格 仕事内容 2級

介護ヘルパー 資格介護ヘルパーは最近よく聞くようになりました。介護ヘルパーは、自分を必要としてくれる人がいるという喜びを感じられる仕事です。
介護ヘルパーの資格を取得している人は、施設や病院で勤務するときに優遇が良く、訪問介護を行っているホームヘルパーよりも上の立場に立つことになります。
ではこの介護ヘルパーは、具体的にはどのような仕事をするのでしょうか?
スポンサードリンク

お年寄りのための食事

介護ヘルパー 資格人間の健康の秘訣とは、口から物を食べ、消化、吸収していくことだそうです。
噛む力や飲み込む力が、年齢を重ねたことにより衰えていきます。ですが、それでも楽しく食事をすれば、それが元気のもととなると思います。
甘味や塩味などがわかりにくくなるという、味覚の衰えも同時にあります。
しかし、家族や介護ヘルパーの少しの配慮で、今より楽しい食事の時間になると思います。

お年寄りに配慮した食事、というものを考えて見ましょう。

まず、介護ヘルパーがすべきことは、食事を摂る前に排泄を済ませておくことです。
オムツの場合なら交換しておきましょう。
次に、手をきちんと洗って清潔にしてから食事を摂るようにしましょう。そうすれば、気分が爽快になり、食欲が沸いてくることでしょう。

また、介護ヘルパーの介助を受けながら、ひとりでの食卓となりがちなのが、寝たきりのお年寄りです。
なるべく、家族が揃っているところで、みんなで食事しましょう。
家族の食卓の近くに寝具を置いたりして、寝たきりの人でも一人にしない配慮があるとお年寄りも安心されると思います。
そして更にできるのならば、同じ食事をしている、という安心感を得るために、家族と同じ食事の内容にしたほうがいいです。

お年寄りの食事に時間がかかるのは、しょうがないことなのです。
とても忙しくても、お年寄りの前では嫌な顔をしてはいけません。
何か相談事があれば、介護ヘルパーに相談するのも一つの手ですよ。
介護ヘルパーの介助を受けて、家族はストレスをなるべく溜めないようにして、いつも笑顔でいる、ということが一番の理想でしょう。

人は、赤ちゃんで生まれ、赤ちゃんで帰っていく、と言われています。
感謝の心を忘れないで、介護していきましょう。

お年寄りのための食事 関連記事