介護ヘルパー 資格 仕事内容 2級

介護ヘルパー 資格介護ヘルパーは最近よく聞くようになりました。介護ヘルパーは、自分を必要としてくれる人がいるという喜びを感じられる仕事です。
介護ヘルパーの資格を取得している人は、施設や病院で勤務するときに優遇が良く、訪問介護を行っているホームヘルパーよりも上の立場に立つことになります。
ではこの介護ヘルパーは、具体的にはどのような仕事をするのでしょうか?
スポンサードリンク

刻み食の注意点

介護ヘルパー 資格介護ヘルパーは、食事の介助を仕事の一部とする場合もあります。
子供に食べさせるときもそうですが、色々なことに注意する必要があります。
のどに詰まらせないように、注意してください。
また、介護者の体調によって、特に体調が悪いときはいつもよりやわらかいものをあげる、などの配慮が必要です。

いつも食べ物を刻んだ刻み食や、ペースト状の食事となるのが、食べ物を噛み砕くことのできないお年寄りです。
食べるものを全て、細かく刻んだり、ペースト状にしたりして、噛みやすいように、飲み込みやすいようにします。
ですが、原型をとどめていないので、食べている本人でさえ、何を食べているのかわからないこともあります。
そこで、何を食べているかの判断材料になるのが、色と味です。
ペースト状の食事では、少し申し訳ない気持ちになったことが、食事を作っている介護ヘルパーにはあると思います。

そんなときには、別の方法で作ってみてはいかがでしょうか。
新しい発想で、全ての原型をとどめつつ食べやすいやわらかさになっているものを、とある会社が生み出しました。
人は、食事するときに、最初に目で食べて、次に鼻で食べるといわれています。
目で見て楽しみ、においを味わうのですね。

このようなことにより、食欲が沸き、唾液も出て、胃も動くようになる、とよくいわれています。なので、おいしそうな介護料理の作り方がわからない方、今の介護料理では物足りない方にお勧めです。
介護料理を今より見た目をよくしたい、介護者の食欲を引き出したい、などという考え方の方にもいいと思います。

料理には、「理(ことわり)を料(はかる)」という意味があるので、料理という漢字が当てはめられているのですね。
口で食べたものは、影響を肉体と精神に何かしら及ぼす、ということです。
これは、東洋学の考え方です。

このようなこともあって、介護ヘルパーを仕事としている方は、介護食を一度見直してみてはいかがでしょうか。
ですが、「万が一」ということを考えて、介護者が食事をしているときには、細心の注意を払っておきましょう。

介護者の食事「刻み食」 関連記事