介護ヘルパー 資格 仕事内容 2級

介護ヘルパー 資格介護ヘルパーは最近よく聞くようになりました。介護ヘルパーは、自分を必要としてくれる人がいるという喜びを感じられる仕事です。
介護ヘルパーの資格を取得している人は、施設や病院で勤務するときに優遇が良く、訪問介護を行っているホームヘルパーよりも上の立場に立つことになります。
ではこの介護ヘルパーは、具体的にはどのような仕事をするのでしょうか?
スポンサードリンク

高齢者が好むおかゆを作る

介護ヘルパー 資格ホームヘルパーを経験しておくと、介護ヘルパーを目指すときに勉強になると思います。
特に女性の場合、介護ヘルパーの資格を取得してすぐ、介護ヘルパーの仕事をするには限界があると思います。
それに加え、結婚や出産があり、施設で介護ヘルパーのとして働くことが継続できない状況になる場合もあるでしょう。

ですが、ホームヘルパーとしてなら介護者のお手伝いをすることが可能になります。
ホームヘルパーの仕事というのは、介護者の自宅に訪問して、介護をすることです。
介護もそうですが、家事援助をすることも多くあり、高齢者の好む食事が作れると、介護者も喜んでくれますし、自分も楽しいでしょう。
高齢者向けの料理講習会などを開いている地域もあるので、一度調べてみましょう。
料理講習会では、どの家庭の冷蔵庫にも入っているような、普通の食材で作ります。

また、短時間で作れる、バランスの取れた料理を教えてくれます。
高齢のため、病気にかかっている方も、介護者の中にいると思います。
また、糖尿病になっている方もいると思うので、糖尿病向けのレシピもあるといいですね。

高齢者の方で多くの方が好んでいる「おかゆ」ですが、おかゆのかたさは人それぞれ違っているのです。
炊いている途中でかき混ぜてはいけない、というのがおかゆをおいしく作るツボだそうです。
野菜を小さく刻んで入れてみたり、とろみをつけてみたり、と工夫をしてみると楽しいと思います。

まず、高齢者の方に合わせたかたさを覚えましょう。
そして、お米から炊いたおかゆはとてもおいしいと聞きますので、それをちょうど良いかたさで炊いて、食べてもらうととても喜ぶと思います。

高齢者が好むおかゆを作る 関連記事