介護ヘルパー 資格 仕事内容 2級

介護ヘルパー 資格介護ヘルパーは最近よく聞くようになりました。介護ヘルパーは、自分を必要としてくれる人がいるという喜びを感じられる仕事です。
介護ヘルパーの資格を取得している人は、施設や病院で勤務するときに優遇が良く、訪問介護を行っているホームヘルパーよりも上の立場に立つことになります。
ではこの介護ヘルパーは、具体的にはどのような仕事をするのでしょうか?
スポンサードリンク

高齢者の食事エントリー一覧

高齢者が好むおかゆを作る
ホームヘルパーを経験しておくと、介護ヘルパーを目指すときに勉強になると思います。特に女性の場合、介護ヘルパーの資格を取得してすぐ、介護ヘルパーの仕事をするには限界があると思います。それに加え、結婚や出産があり、施設で介護ヘルパーのとして働くことが継続できない状況になる場合もあるでしょう。ですが、ホームヘルパーとしてなら介護者のお手伝いをすることが可能になります。ホームヘルパーの仕事というのは、介護者の自宅に訪問して、介護をすることです。介護もそうですが、家事援助をすることも多くあり、高齢者の好む...
介護者の食事「刻み食」
介護ヘルパーは、食事の介助を仕事の一部とする場合もあります。子供に食べさせるときもそうですが、色々なことに注意する必要があります。のどに詰まらせないように、注意してください。また、介護者の体調によって、特に体調が悪いときはいつもよりやわらかいものをあげる、などの配慮が必要です。いつも食べ物を刻んだ刻み食や、ペースト状の食事となるのが、食べ物を噛み砕くことのできないお年寄りです。食べるものを全て、細かく刻んだり、ペースト状にしたりして、噛みやすいように、飲み込みやすいようにします。ですが、原型をと...
お年寄りのための食事
人間の健康の秘訣とは、口から物を食べ、消化、吸収していくことだそうです。噛む力や飲み込む力が、年齢を重ねたことにより衰えていきます。ですが、それでも楽しく食事をすれば、それが元気のもととなると思います。甘味や塩味などがわかりにくくなるという、味覚の衰えも同時にあります。しかし、家族や介護ヘルパーの少しの配慮で、今より楽しい食事の時間になると思います。お年寄りに配慮した食事、というものを考えて見ましょう。まず、介護ヘルパーがすべきことは、食事を摂る前に排泄を済ませておくことです。オムツの場合なら交...