介護ヘルパー 資格 仕事内容 2級

介護ヘルパー 資格介護ヘルパーは最近よく聞くようになりました。介護ヘルパーは、自分を必要としてくれる人がいるという喜びを感じられる仕事です。
介護ヘルパーの資格を取得している人は、施設や病院で勤務するときに優遇が良く、訪問介護を行っているホームヘルパーよりも上の立場に立つことになります。
ではこの介護ヘルパーは、具体的にはどのような仕事をするのでしょうか?
スポンサードリンク

福祉理美容師とは?

介護ヘルパー 資格介護を求めている人は、色々な理由があって、介護ヘルパーへ介助を求めている人ばかりです。
高齢者の方は、ひとりで家事をこなすのは大変だから、という理由もあるでしょう。
年齢は若いのだけれど、事故などにより、下半身の自由がきかなくなった、という理由もあるでしょう。
家事をしたり、排泄や入浴の介助をするのが、介護ヘルパーの仕事となります。

ですが、おしゃれをしたい介護者もいると思います。
外に出ることが億劫になり、ずっと切っていなかった髪を切ると、スッキリできるでしょう。
それに、いくつになっても男女共に、おしゃれを楽しみたいものです。
介護ヘルパーがきて「髪型変えた?」と気付かれたり、「おしゃれだね」とほめられられるととても嬉しい気分となるでしょう。

それをするのが「福祉理美容師」です。
福祉の資格を取得している中で、理美容の知識と技術を持っている人が「福祉理美容師」になれます。
福祉理美容師は、介護者の家へ訪問して、そこで理美容を施せます。
現在では、専門学校でも福祉のための理美容のものもあって、持っている技術を色々なところで活用することが可能となっています。
車椅子に座ったままの状態の相手を、寝たままの状態の相手を、カットしなければいけません。
ので、そのような方でもカット、洗髪、毛染めを簡単に行える、という技術を学べるところが福祉専門の理美容専門学校です。

他にも、高齢者や障害を持っている方へのコミュニケーション方法や、車椅子や杖を使って歩行している方を、セット台までサポートする方法などの、介護者への対応の知識を学びます。
また、注意すべき身体の部位や、状態やそれへの配慮、注意すべき感染症やその衛生方法なども勉強します。

福祉や介護の仕事は、知識や技術を持って、資格を取り、万全と言っても過言ではないような対策をとっていても、100%「安全だ」とは言い切れないものなのです。

福祉理美容師とは? 関連記事