介護ヘルパー 資格 仕事内容 2級

介護ヘルパー 資格介護ヘルパーは最近よく聞くようになりました。介護ヘルパーは、自分を必要としてくれる人がいるという喜びを感じられる仕事です。
介護ヘルパーの資格を取得している人は、施設や病院で勤務するときに優遇が良く、訪問介護を行っているホームヘルパーよりも上の立場に立つことになります。
ではこの介護ヘルパーは、具体的にはどのような仕事をするのでしょうか?
スポンサードリンク

ホームヘルパーの仕事と料金

介護ヘルパー 資格介護保険制度が導入されたことにより、自宅で介護ヘルパーに介護してもらいたい、という人が増えています。
ですが、何時間でどのくらいの料金がかかるのかはっきりわかっていません。
介護保険により、負担額は少なくなりましたが、年金のみで暮らしているお年寄りの方はとても不安でしょう。
特に、ひとり暮らしの方は、金銭的に不安だと思っている人が多くいると思います。

町で行っている介護ヘルパーの事業所を参考にしていきましょう。
介護保険法令にしたがっているのが、指定訪問介護事業所です。
なので、指定訪問介護事業所に頼むのは、安心といえます。
利用者が自宅で最大限の自立した日常生活が送れるように、支援することを目的としている指定訪問介護事務所なので、それができるようなサービスを提供してくれています。
介護ヘルパーが自宅へ伺い、生活を支援し、手助けするというような内容のことです。

このような介護をする仕事は、どのくらいかかるのでしょうか。
ほとんどの事業所は営業時間が決まっていて、そのことから受付時間も決まってきます。
24時間体制のホームヘルパー事業所というのは、かなり少ないです。よって、サービスの提供時間が決まっているところが多く、時間外になると別途料金が加算されます。
金額は、1時間4.000円くらいのところが多いです。
国が何割か負担してくれているので、自分の住んでいる自治体へ何割負担してくれるか確認しましょう。

1時間4,000円というのは、身体介護ですが、それと比べて家事援助というのは安いと思います。家事援助は、1時間1,500円くらいで、身体介護と同じく国が介助保険として負担してくれます。
調理、洗濯、掃除、買い物などが家事援助の内容です。

以上は、あくまでも参考の金額なので、依頼する事業所や住んでいる自治体によって多少異なります。
なので、各自治体や、依頼する事業所に前もって一度確認してみると安心です。

ホームヘルパーの仕事と料金 関連記事