介護ヘルパー 資格 仕事内容 2級

介護ヘルパー 資格介護ヘルパーは最近よく聞くようになりました。介護ヘルパーは、自分を必要としてくれる人がいるという喜びを感じられる仕事です。
介護ヘルパーの資格を取得している人は、施設や病院で勤務するときに優遇が良く、訪問介護を行っているホームヘルパーよりも上の立場に立つことになります。
ではこの介護ヘルパーは、具体的にはどのような仕事をするのでしょうか?
スポンサードリンク

ホームヘルパーを依頼する

介護ヘルパー 資格需要と供給が共に増加しているのが、介護ヘルパーの中の仕事のホームヘルパーです。
介護保険に加入して、要介護認定を受け、介護ヘルパーを家に呼ぼうということになったとします。
ですが、そのときに介護を何時間してくれるのか、何時から何時まで家にいてくれるのか、というのがわからなかったらとても困ります。
ここからは、その内容を詳しくお話します。

このようなことは、事業所によって異なってきます。
稀に24時間体制で受け付けているところがありますが、大抵は朝の8時から夕方6時までが多いです。
それより早い時間や、夜まで介護が長引く場合は、料金が割増で加算されることがあるので注意しましょう。
また、要介護者が眠ってしまった場合でも、お金を支払うことになるので、起こして介護することになります。
どうしても介護ヘルパーが夜にしか訪問できない場合は、お昼寝の時間をとったりして調整をしましょう。

それは、その人により、必要な介護の内容が見えてくるからです。
その介護を、1日に1回で1時間や、3日に1回で5時間のように決めていきます。
お風呂のみ介護ヘルパーの助けを必要とする、という方もいらっしゃるので、それだと1時間の介護で終わります。

ホームヘルパーを依頼するときの金額は、住んでいるところの自治体により変化してきます。
30分単位でいくら、という値段が決められているところが多いです。
体のお世話、オムツの交換、食事の介助、お風呂の介助などが介護内容に多くあるものです。
値段の9割が税金で、残りの1割を本人が負担します。

このような介護保険制度ができたことにより、介護ヘルパーを依頼しやすくなり、依頼する人が増えてきています。

ホームヘルパーを依頼する 関連記事