介護ヘルパー 資格 仕事内容 2級

介護ヘルパー 資格介護ヘルパーは最近よく聞くようになりました。介護ヘルパーは、自分を必要としてくれる人がいるという喜びを感じられる仕事です。
介護ヘルパーの資格を取得している人は、施設や病院で勤務するときに優遇が良く、訪問介護を行っているホームヘルパーよりも上の立場に立つことになります。
ではこの介護ヘルパーは、具体的にはどのような仕事をするのでしょうか?
スポンサードリンク

一人前のホームヘルパーになるために

介護ヘルパー 資格ホームヘルパーというのは、その名の通り介護をする方の自宅へ行き、介護をする仕事となります。
わかりやすくいうと、生活のお手伝いをする、ということですね。
お手伝いさんと間違われることがよくあるようですが、家事を手伝うという意味では同じことになります。
ですが、家事以外にもいろいろなことを手伝うのがホームヘルパーです。

通院されている方だと、通院するときにタクシーを呼び、車椅子の方ならばタクシーへ乗せて、病院まで一緒に行きます。
他にもひとり暮らしの方だと、買い物をしたり、食事を作ることもあります。
また、介護者とホームヘルパーが親戚や身内の場合、入浴に付き添うこともあります。
座ることができるような、手足の自由がきかない方の場合だと、自宅でお風呂に入ることができます。
頭と体をシャワーで流したり、洗ったりするようなことになります。

ここで、介護者とヘルパーの信頼関係というものが大事になってきます。
自宅へ他人を入れるので、慣れない間は警戒していてもおかしくないですよね。
少しずつ少しずつ信頼してもらえたら、とても嬉しいですね。

また、介護者宅で何かをごちそうになることは禁止している事業者が多いそうです。
これは、馴れ合いや介護者の家族へ気を使わせてしまうことを避けるためだと思います。
自分の家へ他人を入れるということは、とても気を使いますよね。

家事をしに来ているのに、先に掃除をしてヘルパーを迎え入れるということも、初めのうちはあると思います。
また、ヘルパーの飲食物についても「何か出したほうがいいのではないか」というように、気を使ってくださることもあるでしょう。
そのようなことを、家族に思わせないのが一人前の介護ヘルパーだと思います。

一人前のホームヘルパーになるために 関連記事