介護ヘルパー 資格 仕事内容 2級

介護ヘルパー 資格介護ヘルパーは最近よく聞くようになりました。介護ヘルパーは、自分を必要としてくれる人がいるという喜びを感じられる仕事です。
介護ヘルパーの資格を取得している人は、施設や病院で勤務するときに優遇が良く、訪問介護を行っているホームヘルパーよりも上の立場に立つことになります。
ではこの介護ヘルパーは、具体的にはどのような仕事をするのでしょうか?
スポンサードリンク

ガイドヘルパーとは

介護ヘルパー 資格今までは気付かなかった介護福祉の仕事でも、介護ヘルパーを仕事としたり、福祉に興味を持ったりして、新たに知るものがあると思います。
五体満足として生きてきた私たちにとって、存在すら知らなかったヘルパーの仕事、「ガイドヘルパー」ものもあります。

ガイドヘルパーというのは、その名の通り福祉の仕事で、介護ヘルパーのように介助をします。
ですが、介護保険をガイドヘルパーを頼むときに使用することはできません。
障害を持っている人の介助で、外出をするときに手助けをするのがガイドヘルパーの仕事です。
障害者と障害児を対象としています。

ガイドヘルパーの仕事の内容は、様々なことがあります。
外出の際ならば、切符を購入したり、駅のホームまで迎えに行ったり、駅の階段をのぼるときの手助けをします。
また、排泄などのお世話から、一緒に映画を鑑賞しに行くようなこともあります。

ですが、介護ヘルパーの資格を取得した場合は、知的障害者のみガイドの対象となります。
ガイドヘルパーの専門の資格を取得すれば、3分類の視覚障害、全身障害、知的障害のガイドが可能となります。
介護保険をガイドヘルパーに介助を頼むときに使うことはできませんが、障害者用の支援費制度の対象となるので、そちらで何割か負担額が減らせます。

誰かの役に立ちたい、誰かの役に立てる仕事がしたい、という考えを持っている方がいるのなら、ガイドヘルパーをおすすめします。
ガイドヘルパーの仕事をしているうちに、様々な発見があると思います。
目の見えない人は、どのように生活しているのか、どんな風に助けてもらうといいのか、などです。
また、五体満足でも心が空っぽならば、幸せを感じることができませんよね。
そんな風に、「幸せとはなんだろう」と考えさせられることもあると思います。

ガイドヘルパーとは 関連記事