介護ヘルパー 資格 仕事内容 2級

介護ヘルパー 資格介護ヘルパーは最近よく聞くようになりました。介護ヘルパーは、自分を必要としてくれる人がいるという喜びを感じられる仕事です。
介護ヘルパーの資格を取得している人は、施設や病院で勤務するときに優遇が良く、訪問介護を行っているホームヘルパーよりも上の立場に立つことになります。
ではこの介護ヘルパーは、具体的にはどのような仕事をするのでしょうか?
スポンサードリンク

介護ヘルパー資格についてエントリー一覧

介護ヘルパーの資格
介護ヘルパーは、家事援助や介護を行います。大抵お年寄りの方や、体の自由がきかない方のお手伝いをすることが多いでしょう。なので、人のお世話をするのが好き、という方が、介護ヘルパーの第一条件となります。ホームヘルパーは、家事が主になって、手伝いをするときも簡単なものがほとんどです。ですが介護ヘルパーとなると、日常生活のお手伝い、たとえば食事のお手伝い、家事、排泄のお手伝いなどをすることになります。また、お年寄りの相談やお話を聞くこともあります。ひとり暮らしのお年寄りの方などは、話を聞いてくれるだけで...
資格を取って介護ヘルパーになれる?
会社で介護ヘルパーを事業とするところが増えてきています。それは、介護保険が導入され、介護を受ける方が多くなってきているからです。その一因に高齢化社会というものがあり、これからも介護を求める人は増えていくと思われています。これらのことにより、介護ヘルパーの資格を取得し、介護ヘルパーの職に就きたいという人も多くなってきています。ここで一つ問題なのですが、求人はあるのでしょうか。調べてみた結果、結構な求人がありました。介護を必要としている人が多いので、介護ヘルパーになりたい人が多くても求人がない、とい...
介護ヘルパーを詳しく分類
介護ヘルパーとひとことで言っていますが、介護ヘルパーの中でも分類ができます。ホームヘルパー(=訪問介護)や、特別養護老人ホームの寮母、デイサービス、グループホームなどで働いている人も介護ヘルパーの一部です。このようなところで働くには、介護ヘルパー1級や2級、介護福祉士などの資格が必要です。ホームヘルパーは、自宅に伺って介護をするのが仕事です。自宅に伺うということで、介護者の生活と深く関わっています。なので、掃除、洗濯、食事の準備などの家事も仕事のなかに入っています。予定していた食事の材料がない場...
介護ヘルパーの資格の階級
介護ヘルパーの資格には、1級、2級、3級というものがありますが、これの違いとはなんなのでしょう。たとえば何級を持っていれば介護ヘルパーを仕事とできるのか、などということを思ったことはありませんか?福祉の仕事と全く関わりがない人や、福祉の仕事の初心者の人は、この級の違いがわからないと思います。ここから、介護ヘルパーの資格の級についてご説明していきます。ホームヘルパーとは、訪問介護のことです。在宅で暮らすには不便が多い方、高齢者や身体障害者の方などを、サポートすることが仕事です。具体的な仕事とは、食...
介護ヘルパー2級の資格
介護ヘルパー2級を取得しておけば、介護ヘルパーとして働くことができるようになります。講義が58時間、実技講習が42時間、施設での介護実習などが30時間の合計130時間を受講すれば、2級の資格を取得することができます。3級と同じく、施設でも介護実習は、施設や訪問介護事業所で実習を行います。この2級は、訪問介護事業所、福祉系専門学校、自治体などで講習を実施しています。職安センターが、自治体の中で主に講習しているところですが、受講料は集金せず、テキスト代のみとなっています。金銭的に余裕はないけれど、介...
介護ヘルパー1級の資格
介護ヘルパー1級は、早く上を目指したい!といってもいきなり受験するのは無理なことです。介護ヘルパー1級の受験資格は、2級を取得した後に、1年以上の実務経験をした人のみ受験資格が与えられます。ですが、実務経験なしでも受講が可能になる地域も、自治体によってはあるので、自分の住んでいる自治体に確認してみましょう。介護ヘルパー2級は、当たり前ですが1級より簡単に取得できます。1級というのは、人の上に立てるような人材のみが取得できる資格なので、2級よりかなり難しいです。介護ヘルパーをまとめるヘルパーのリー...