介護ヘルパー 資格 仕事内容 2級

介護ヘルパー 資格介護ヘルパーは最近よく聞くようになりました。介護ヘルパーは、自分を必要としてくれる人がいるという喜びを感じられる仕事です。
介護ヘルパーの資格を取得している人は、施設や病院で勤務するときに優遇が良く、訪問介護を行っているホームヘルパーよりも上の立場に立つことになります。
ではこの介護ヘルパーは、具体的にはどのような仕事をするのでしょうか?
スポンサードリンク
介護ヘルパー 資格「排泄の介助」というのは、介護の中でも一番デリケートな問題だと思います。
老若男女関係なく、自分でしたいと思うでしょう。
寝たきりになって、起きられないお年寄りでも、人の助けを借りず、自分だけでなんとかしたい、と思っている方がほとんどでしょう。
介護ヘルパーが介助して、身体を起こしてトイレへ連れて行くことが一番望ましく、床ずれ防止にもなります。

ですが、どうしても起きられない場合は、介護用オムツを使用しましょう。
介護者の中には、家族に交換してもらうより、介護ヘルパーに交換してほしい、という方もいます。
そういうときは、介護者の気持ちを尊重しましょう。

この介護用オムツというものにも、種類が色々あります。状況に応じて使い分けるのが一番うまい使い方だと思います。
また、オムツにも特徴があり、それを知って、利用する人に一番相性がいいものを選びましょう。

パンツ型・フラット型というものが、オムツの種類です。
小さいお子さんを持ったことがある方で、オムツを使っていれば、なんとなくはわかると思います。

オムツカバーが不要なのが、パンツ型のオムツです。名前どおりパンツの形をしているので、下着のパンツとあまり変化ない感覚で使用ができます。
尿漏れの心配がある、という寝たきりのお年寄りに適していると思います。
また、パンツのように履いたり下ろしたりができるので、抵抗感が少なくなる方もいるでしょう。
体型に合わせたサイズ(S〜LLサイズ)を選びましょう。

寝たきりの方にお勧めなのが、フラット型のオムツです。これは、パンツ型とは違い、オムツカバーが必要になってきます。
フラット型の一番いいところは、経済的なところです。
オムツ交換が頻繁で、介護ヘルパーによるものでしたら、フラット型のほうがいいと思います。

尿取りパッドやオムツカバーなど、色々なものを試してみて、介護者に一番合うと思ったものを使いましょう。

排泄の介助にオムツを使う場合 関連記事