介護ヘルパー 資格 仕事内容 2級

介護ヘルパー 資格介護ヘルパーは最近よく聞くようになりました。介護ヘルパーは、自分を必要としてくれる人がいるという喜びを感じられる仕事です。
介護ヘルパーの資格を取得している人は、施設や病院で勤務するときに優遇が良く、訪問介護を行っているホームヘルパーよりも上の立場に立つことになります。
ではこの介護ヘルパーは、具体的にはどのような仕事をするのでしょうか?
スポンサードリンク

排泄の際の注意点

介護ヘルパー 資格寝たきりになっている人が、介護ヘルパーの介護を必要としているお年寄りの中でも多いです。
あやまって転んで怪我をしてしまって、そのまま寝たきりになってしまう方もいらっしゃると思います。
病気でしんどい、という方に無理にするのはいけませんが、気分が優れているときは身体を起こしてあげるのが良いでしょう。
横になった状態より、座った状態のほうが、排泄するときには楽でしょう。

また、身体を起こしたことにより、床ずれが予防されます。
床ずれというのは、腰骨や背中の骨の出っ張っている部分が、血行不良になることで、寝たきりの方に多いです。
床ずれが進行すると起こる可能性が高いのが、その下の皮下脂肪や筋肉が死んでしまうことです。
これを予防するには、こまめに体位を交換することが一番です。
体位の交換というのは、介護ヘルパーの仕事の中の一つとなっています。

他にも寝たきりの方に多いトラブルが、拘縮です。動かさない身体の部分や手足などの関節が固まったり、変形したりする症状のことを拘縮と呼びます。
年齢を重ねると、若い頃より抵抗力が落ちてしまいます。
なので、感染症などに感染する場合もあるので、注意してください。

尿路感染症に感染しないためにも、からだを清潔に保って、特に排泄した際に陰部をキレイにすることが重要となってきます。
オムツを使っている場合は、濡れたら早めに交換しましょう。
排泄介助をしている場合は、介護ヘルパーが排泄介助の前後に手指をしっかり洗いましょう。

尿路で起こる細菌感染症のことを、尿路感染症と呼んでいて、陰部を清潔に保てば感染しない病気です。
オムツを使用していると陰部が清潔になっていないため、感染しやすいので、配慮して介護しましょう。

排泄の際の注意点 関連記事