介護ヘルパー 資格 仕事内容 2級

介護ヘルパー 資格介護ヘルパーは最近よく聞くようになりました。介護ヘルパーは、自分を必要としてくれる人がいるという喜びを感じられる仕事です。
介護ヘルパーの資格を取得している人は、施設や病院で勤務するときに優遇が良く、訪問介護を行っているホームヘルパーよりも上の立場に立つことになります。
ではこの介護ヘルパーは、具体的にはどのような仕事をするのでしょうか?
スポンサードリンク

排泄の介助をするときの注意

介護ヘルパー 資格人にとって大事な排泄の介助が、介護のなかで一番デリケートな問題だと思います。
誰もが自分で管理したい、他人のお世話になりたくない、と思うのはとても自然なことです。
そんな思いは、身体が不自由でも、男性でも、女性でも、年齢がいくつでも、健康なときと変化しないはずです。
介護ヘルパーを頼んだ場合、その思いは更に強くなると思います。家族でもなく、あかの他人なので、なおさら抵抗があります。

家族や介護ヘルパーは、このような介護者の気持ちを理解していかなければいけません。
トイレで排泄ができる環境を整える、というのが、家族や介護ヘルパーができることだと思います。
オムツにすれば、トイレの環境を整えることなく簡単ですが、交換するときに介護者も介護ヘルパーも気を使いますよね。
介護者が起きられる状態ならば、協力して介助してあげてください。

生活の拠点、寝室をトイレの近くに移動できるならば、移動させたり、トイレに手すりをつけたりして、介護者への配慮ができたらいいですね。
できる限りの協力を家族がして、最大限の範囲で工夫をしてください。
和式のトイレなら、便座を取りつけ洋式に変えるだけでも、介護者の方はかなり楽になります。

介護者が起きられない状態の場合は、オムツになります。
交換する人が、最初に声をかけてからオムツの交換を行うようにしてください。
でないと、いきなり身体に触れられたり、身に着けているものを脱がされたりすると、驚きますよね。

また、家族以外でポータブルトイレを使用する場合は、陰部をタオルなどで隠すという配慮をしましょう。
嫌な顔をしたり、無神経な言葉をかけることは、介護ヘルパーとして最悪の行為だと思います。
顔には出さず、気にしないようにしてオムツを替えましょう。

排泄の介助をするときの注意 関連記事