介護ヘルパー 資格 仕事内容 2級

介護ヘルパー 資格介護ヘルパーは最近よく聞くようになりました。介護ヘルパーは、自分を必要としてくれる人がいるという喜びを感じられる仕事です。
介護ヘルパーの資格を取得している人は、施設や病院で勤務するときに優遇が良く、訪問介護を行っているホームヘルパーよりも上の立場に立つことになります。
ではこの介護ヘルパーは、具体的にはどのような仕事をするのでしょうか?
スポンサードリンク

特別養護老人ホームとは

介護ヘルパー 資格老人ホームのイメージは、キレイなところで、金額が高くて、介護ヘルパーにサービスが多く提供されて、楽しそう、ということを思う方が多いと思います。
これは、有料老人ホームのことで、実際の有料老人ホームと大差はないです。

ですが、他にも「特別養護老人ホーム」、別名「介護老人保健施設」というところがあります。
身体や精神にかなりの障害をもっている、などの理由で、これ以上自宅では介護できない、という場合に入る施設のことです。
ここへは、自宅で介護できない65歳以上の介護者が入所できます。

特別老人ホームでは、医療行為というものはほとんど行われません。
ですが、医師はいますよ。
このことにより、病状が悪化する可能性がある人の入所は難しく、介護ヘルパーの介護を必要としている、比較的病状の安定している人が入所できるところとなっています。

社会福祉法人か地方自治体が、この特別養護老人ホームの事業主体となっています。
入所金も必要なく、有料老人ホームと比べて月額がとても安いです。
安いところですと、介護ヘルパーを自宅に呼ぶのと同じくらいの金額の施設もあります。
また、入所期間も設けられていなく、終身入所を希望している人が多いです。

以上の理由より、今では多少落ち着いていますが、とても人気が高いです。
介護保険を導入した直後は、申し込みが殺到して、入ることが困難な状態となっていました。
ですが、落ち着いたといえど、入所するまでに数年待たなければいけない、というのが今の状況です。

特別養護老人ホームとは 関連記事