介護ヘルパー 資格 仕事内容 2級

介護ヘルパー 資格介護ヘルパーは最近よく聞くようになりました。介護ヘルパーは、自分を必要としてくれる人がいるという喜びを感じられる仕事です。
介護ヘルパーの資格を取得している人は、施設や病院で勤務するときに優遇が良く、訪問介護を行っているホームヘルパーよりも上の立場に立つことになります。
ではこの介護ヘルパーは、具体的にはどのような仕事をするのでしょうか?
スポンサードリンク

介護の基礎知識2エントリー一覧

有料老人ホームってどんな場所?
「老後」の人生は、誰にもいずれは訪れます。これからずっと先でのことだから想像がつかない、という方も多いと思います。「今から老後の為に蓄えをしなきゃ!」と思う方は、年齢にもよって違ってきますが、少ないと思います。ですが、誰にもやってくるのが老後です。時代が変われば変化するものだとは思いますが、今の時代で介護を受けるとしたら、どんな老後になるでしょうか。介護ヘルパーに頼み、自宅で介護をお願いするのもいいでしょう。デイケアサービスへ向かい、介護ヘルパーとお話したり、交流を求めるのも楽しみの一つとなるこ...
特別養護老人ホームとは
老人ホームのイメージは、キレイなところで、金額が高くて、介護ヘルパーにサービスが多く提供されて、楽しそう、ということを思う方が多いと思います。これは、有料老人ホームのことで、実際の有料老人ホームと大差はないです。ですが、他にも「特別養護老人ホーム」、別名「介護老人保健施設」というところがあります。身体や精神にかなりの障害をもっている、などの理由で、これ以上自宅では介護できない、という場合に入る施設のことです。ここへは、自宅で介護できない65歳以上の介護者が入所できます。特別老人ホームでは、医療行...
排泄の介助をするときの注意
人にとって大事な排泄の介助が、介護のなかで一番デリケートな問題だと思います。誰もが自分で管理したい、他人のお世話になりたくない、と思うのはとても自然なことです。そんな思いは、身体が不自由でも、男性でも、女性でも、年齢がいくつでも、健康なときと変化しないはずです。介護ヘルパーを頼んだ場合、その思いは更に強くなると思います。家族でもなく、あかの他人なので、なおさら抵抗があります。家族や介護ヘルパーは、このような介護者の気持ちを理解していかなければいけません。トイレで排泄ができる環境を整える、というの...
排泄の際の注意点
寝たきりになっている人が、介護ヘルパーの介護を必要としているお年寄りの中でも多いです。あやまって転んで怪我をしてしまって、そのまま寝たきりになってしまう方もいらっしゃると思います。病気でしんどい、という方に無理にするのはいけませんが、気分が優れているときは身体を起こしてあげるのが良いでしょう。横になった状態より、座った状態のほうが、排泄するときには楽でしょう。また、身体を起こしたことにより、床ずれが予防されます。床ずれというのは、腰骨や背中の骨の出っ張っている部分が、血行不良になることで、寝たき...
排泄の介助にオムツを使う場合
「排泄の介助」というのは、介護の中でも一番デリケートな問題だと思います。老若男女関係なく、自分でしたいと思うでしょう。寝たきりになって、起きられないお年寄りでも、人の助けを借りず、自分だけでなんとかしたい、と思っている方がほとんどでしょう。介護ヘルパーが介助して、身体を起こしてトイレへ連れて行くことが一番望ましく、床ずれ防止にもなります。ですが、どうしても起きられない場合は、介護用オムツを使用しましょう。介護者の中には、家族に交換してもらうより、介護ヘルパーに交換してほしい、という方もいます。そ...