介護ヘルパー 資格 仕事内容 2級

介護ヘルパー 資格介護ヘルパーは最近よく聞くようになりました。介護ヘルパーは、自分を必要としてくれる人がいるという喜びを感じられる仕事です。
介護ヘルパーの資格を取得している人は、施設や病院で勤務するときに優遇が良く、訪問介護を行っているホームヘルパーよりも上の立場に立つことになります。
ではこの介護ヘルパーは、具体的にはどのような仕事をするのでしょうか?
スポンサードリンク

介護保険の対象とは

介護ヘルパー 資格介護保険制度導入前は、全額負担で依頼すると、金額がかなり高くなってしまうので家族が介護をしていました。
ですが、介護保険制度が導入されると、介護ヘルパーを頼む介護者が急増しました。
理由はそれだけではなく、高齢化と共に介護ヘルパーの介護を必要としている人が増えていることも考えられます。

この介護保険制度の給付の対象となるのはどのような方なのでしょうか?

まず対象の年齢ですが、40歳以上です。
介護保険を受けられるのは、65歳以上と、40歳から64歳までの二つに分類されています。

一つ目、65歳以上の方が対象とされている介護保険制度の場合は、要介護状態にあることが必須です。
その要介護状態も分類することができ、入浴、排泄、食事の介助を誰かによって介護してもらわなければいけない
という状態になっていたら、介護保険の給付の対象となります。
他にも、虚弱な状態で、介護ヘルパーの介助を必要とする状態に今後なる、という場合も対象となることがあります。
両方とも医師の診断が必要となります。

二つ目、40歳から64歳までは、脳卒中や痴呆などの、老化と同時に生じた病気などが対象となります。
介護ヘルパーの介助が、このような病気によって必要、と判断されれば保険が給付されると思います。

現代の社会は高齢化社会、といわれるようになって、高齢者の数はとても増えてきています。
要介護認定を受けて、介護ヘルパーの介助が必要となっている人が、介護保険の対象者です。
その割合というのは、65歳以上の高齢者の中だと、約15%です。
80歳以上になるともっと増えますし、85歳以上になると半数ほどの人が介護保険の対象者となります。

介護保険の対象とは 関連記事