介護ヘルパー 資格 仕事内容 2級

介護ヘルパー 資格介護ヘルパーは最近よく聞くようになりました。介護ヘルパーは、自分を必要としてくれる人がいるという喜びを感じられる仕事です。
介護ヘルパーの資格を取得している人は、施設や病院で勤務するときに優遇が良く、訪問介護を行っているホームヘルパーよりも上の立場に立つことになります。
ではこの介護ヘルパーは、具体的にはどのような仕事をするのでしょうか?
スポンサードリンク

将来のために介護リフォームを

介護ヘルパー 資格介護リフォームをして、今よりもっと、家族が安心かつ元気に暮らせる家にしませんか?

今住んでいるお宅はバリアフリーでしょうか。
そうではない場合、段差のないバリアフリーの家を、将来のためにもお勧めします。

将来身体が弱くなり、介護される側になるとしたら、今ではなんともないと思っている段差が危険に変わる可能性が高いです。
段差が家中にあるような造りになっているのが、昔の家です。
まず、部屋の仕切りにも段差がありますよね。
足腰に負担がかかってしまい、少しの段差でつまづくことが多くなるのが、お年寄りや障害がある方です。

お年寄りの場合、痩せてしまって骨を守ってくれる肉などが減ってしまい、
また骨も脆くなるので、段差でつまづいたことにより怪我や骨折をして、そのまま寝たきりになることがよくあります。
私の祖母も、子供だった私にはなんともない段差でつまづき、骨折して入院しました。
そんな風にならないために、家庭内事故を防ぐために、バリアフリーの家にリフォームしませんか?

トイレやお風呂へ手すりをつける、長い廊下の場合もてすりをつける、段差をなくす、などの工夫をするだけで、家の中で事故が起きる可能性がかなりさがります。
もし、介護が必要になり、介護ヘルパーが出入りすることになっても、バリアフリー設計の家だと、普通の家より安心して介護することができます。
それに、手すりなどで自力で歩くことにより、介護ヘルパーの助けを最低限にでき、介護者が自立しやすくなります。
人の手を借りる、ということは、誰でも気を使うことですよね。
それより、自分の足で好きなところへ歩いて行けたら、気も使わなくて済むし、自由に色々なところへ行けます。

介護リフォームを売りにしたバリアフリー設計のリフォームも高齢化社会の現代では増えてきました。
一度どのようなものかだけでも、見てみてはいかがでしょう。

将来のために介護リフォームを 関連記事