介護ヘルパー 資格 仕事内容 2級

介護ヘルパー 資格介護ヘルパーは最近よく聞くようになりました。介護ヘルパーは、自分を必要としてくれる人がいるという喜びを感じられる仕事です。
介護ヘルパーの資格を取得している人は、施設や病院で勤務するときに優遇が良く、訪問介護を行っているホームヘルパーよりも上の立場に立つことになります。
ではこの介護ヘルパーは、具体的にはどのような仕事をするのでしょうか?
スポンサードリンク

要介護者の家族のストレス軽減

介護ヘルパー 資格はっきり区切りというものがないのが、介護ヘルパーの仕事内容です。
制限が出てくることや、馴れ合いとなってしまうことがあるのが自宅での介護だと思います。
話し相手になってもらいたい、というのがひとり暮らしのお年寄りの方であれば、誰しも希望することでしょう。
ホームヘルパーの方と会えるのが一番の楽しみ、というお年寄りの方も中にはいるということをよく聞きます。
このようなことを言われると、介護ヘルパーとしてとても喜びを感じますよね。

ですが、ホームヘルパーが自宅に来られるのは、要介護の認定と介護保険を受けている方のみです。
なので、話し相手が欲しいというだけでは、ホームヘルパーに来てもらうことはできません。
要介護者の自立支援を目的としているのが、介護保険なので、理由が「家族が介護に疲れたから」というものでも介護ヘルパーを頼むことができます。
ですが、要介護の認定を受けていなければ、どれだけ介護に疲れていても介護ヘルパーやホームヘルパーを頼むことができません。

また、介護者の話し相手にもなりますし、家族の不安解消の相談に乗ることもあるのがホームヘルパーです。
ホームヘルパーになる際は、家族に親身になれるということを心がけると良いでしょう。

介護者のお手伝いをすることが仕事なのが介護ヘルパーですが、それだけしていればいいという訳ではありません。
介護している家族が疲れているのを見ると、介護を受ける人はとても申し訳ない気持ちになりますよね。
そして、介護をしている家族の方はストレスや疲れが溜まってしまいます。
なので、ストレスや疲れを減らせることができればいい、というような気持ちでお手伝いをすると、家族の方にも喜んでもらえるでしょう。

最近では、家族内で介護をめぐる事件が多くなってきています。
肉体的にも精神的にも大変だからこそ、このようなことが起きています。
介護ヘルパーの存在が、少しでも助けになれればいいと思います。

要介護者の家族のストレス軽減 関連記事