介護ヘルパー 資格 仕事内容 2級

介護ヘルパー 資格介護ヘルパーは最近よく聞くようになりました。介護ヘルパーは、自分を必要としてくれる人がいるという喜びを感じられる仕事です。
介護ヘルパーの資格を取得している人は、施設や病院で勤務するときに優遇が良く、訪問介護を行っているホームヘルパーよりも上の立場に立つことになります。
ではこの介護ヘルパーは、具体的にはどのような仕事をするのでしょうか?
スポンサードリンク

介護ヘルパーとホームヘルパー

介護ヘルパー 資格「高齢化社会」という言葉は、もう私たちにとって聞きなれた言葉になったことでしょう。
高齢化社会と言う割には、緊迫感があまりないような気がしませんか?

その中でも、介護してほしいという方が増えていることの表れなのでしょうか。
介護ヘルパーになる方が最近増えています。
この介護ヘルパーも、昔はあまり聞きなれない言葉でしたが、最近では定着してきましたよね。

ここで、ホームヘルパーと介護ヘルパーとの違いはなんなのか。
そして仕事として何をしているのか。
そんな疑問にお答えしていきましょう。

身体の介護のみを行うヘルパーのことを介護ヘルパーといいます。
対して、生活援助や身体介護を行うヘルパーのことをホームヘルパーといいます。
ホームヘルパーは身の回りのお世話などもしてくれます。

主な仕事は、施設や病院に勤務したり、自宅に訪問して簡単な生活援助をしたりします。
ホームヘルパー2級という資格を取得すると、以上のようなホームヘルパーの仕事をすることができます。
また、訪問介護を行う際に必要となってくるのがホームヘルパー1〜3級の資格です。

この資格を取得するということは、以前よりも難しくなり、年々厳しくなってきています。
数年前では、講義と実習を受ければ取得できるものだったのです。
それが今はいつかは国家資格になる、といわれるようなレベルになってしまいました。
介護の世界とは、それだけ大変なのです。

ホームヘルパーよりランクが上なのが、国家試験の介護ヘルパーです。
また、技術のみあっても取得は不可能です。
2年制以上の養成施設へ通い、卒業することや、実務を3年以上こなさなければいけない、などの経験が必要です。

大抵の人は、ホームヘルパーの資格を取り、働きつつ1つ上の階級を目指します。
最終的には介護ヘルパーへとランクアップをする人が多いですね。

介護ヘルパーとは、ホームヘルパーよりも専門知識や技術、経験が必要となってくる仕事です。

介護ヘルパーとホームヘルパー 関連記事