介護ヘルパー 資格 仕事内容 2級

介護ヘルパー 資格介護ヘルパーは最近よく聞くようになりました。介護ヘルパーは、自分を必要としてくれる人がいるという喜びを感じられる仕事です。
介護ヘルパーの資格を取得している人は、施設や病院で勤務するときに優遇が良く、訪問介護を行っているホームヘルパーよりも上の立場に立つことになります。
ではこの介護ヘルパーは、具体的にはどのような仕事をするのでしょうか?
スポンサードリンク

介護の基礎知識1エントリー一覧

介護ヘルパーとホームヘルパー
「高齢化社会」という言葉は、もう私たちにとって聞きなれた言葉になったことでしょう。高齢化社会と言う割には、緊迫感があまりないような気がしませんか?その中でも、介護してほしいという方が増えていることの表れなのでしょうか。介護ヘルパーになる方が最近増えています。この介護ヘルパーも、昔はあまり聞きなれない言葉でしたが、最近では定着してきましたよね。ここで、ホームヘルパーと介護ヘルパーとの違いはなんなのか。そして仕事として何をしているのか。そんな疑問にお答えしていきましょう。身体の介護のみを行うヘルパー...
介護ヘルパーを理解する
いつか介護ヘルパーになりたくて、訪問介護などのホームヘルパーの仕事を今しているという人。こんな人もたくさんいると思います。今やっている訪問介護というホームヘルパーとしての仕事に、やりがいや誇りなどを持っている人もいますよね。ランクアップをしようと介護ヘルパーの資格を取得するときに、みなさんどんな気持ちで取るのでしょうか。とりあえず資格を取っておこう、という方や、上を目指したい、という方、介護ヘルパーにはならないだろうけれど、ないよりはあったほうがいいのでは、という方など、いろいろな気持ちの方がい...
要介護者の家族のストレス軽減
はっきり区切りというものがないのが、介護ヘルパーの仕事内容です。制限が出てくることや、馴れ合いとなってしまうことがあるのが自宅での介護だと思います。話し相手になってもらいたい、というのがひとり暮らしのお年寄りの方であれば、誰しも希望することでしょう。ホームヘルパーの方と会えるのが一番の楽しみ、というお年寄りの方も中にはいるということをよく聞きます。このようなことを言われると、介護ヘルパーとしてとても喜びを感じますよね。ですが、ホームヘルパーが自宅に来られるのは、要介護の認定と介護保険を受けている...
将来のために介護リフォームを
介護リフォームをして、今よりもっと、家族が安心かつ元気に暮らせる家にしませんか?今住んでいるお宅はバリアフリーでしょうか。そうではない場合、段差のないバリアフリーの家を、将来のためにもお勧めします。将来身体が弱くなり、介護される側になるとしたら、今ではなんともないと思っている段差が危険に変わる可能性が高いです。段差が家中にあるような造りになっているのが、昔の家です。まず、部屋の仕切りにも段差がありますよね。足腰に負担がかかってしまい、少しの段差でつまづくことが多くなるのが、お年寄りや障害がある方...
介護保険の対象とは
介護保険制度導入前は、全額負担で依頼すると、金額がかなり高くなってしまうので家族が介護をしていました。ですが、介護保険制度が導入されると、介護ヘルパーを頼む介護者が急増しました。理由はそれだけではなく、高齢化と共に介護ヘルパーの介護を必要としている人が増えていることも考えられます。この介護保険制度の給付の対象となるのはどのような方なのでしょうか?まず対象の年齢ですが、40歳以上です。介護保険を受けられるのは、65歳以上と、40歳から64歳までの二つに分類されています。一つ目、65歳以上の方が対象...